読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

ご主人のこと

こんばんは。今夜はご主人のことを少しお話します。
ボクのご主人は女の子です。女の「子」という年齢ではないとボク的には思うのですが、所謂オネエサンな感じもしないので(スガタカタチは少年に近いのかもしれない)、まあそんなものなのか?といった具合です。
人から「学生さん?」と」聞かれることが度々あるそうで、ボクは『八百屋のおじさん的お世辞』だと思うのですが、本人は毎度大喜びでボクに報告してくれます。「これで十年はサバよんでイケル!」らしい。マジか。気分がよいということは、怖いものがないことだと思います・・・。全く。
そんなお気楽なご主人もですね、人並みには悲しい出来事とかも経験したそうです。前に何年か「ウチの外」に旅立ってしまってたんですけど、ある日ひょっこり帰ってきて、またボクと一緒に寝てくれるようになったんです。何だったけな、役場で戸籍ナントカっていう紙をもらうと、そこには×がひとつついてくるんだとか。
ボクには詳しいことはわかりませんけど、また毎日ご主人と一緒に居られるのはやっぱりうれしいです(時々は一人になりたいですけど・・・)。ご主人の腕マクラで眠ることはネコ冥利に尽きますからね。うーん、やっぱりボクは素晴らしいネコなんじゃないのか?この律儀なまでの忠誠心はタマ姐さんには絶対無い。間違いナイ。←テレビで見ました。
そんなご主人も最近はめっきりパワフルでして、『子供に勉強を教える仕事』を熱心にやっているそうです。仕事のない時も出かけているので、何か他にもアルバイトとかしているみたいですね。間違いナイ。←テレビで・・・
ご主人の足音がすると、ボクは大急ぎで玄関に向かいます。そのボクの慌てっぷりを見て、チチ様とハハ様が笑っています。ご主人がボクを抱き上げます。そしてただいまのチュー(したくない時も実はある)をします。ああっ、ひょっとしてすごく幸せぢゃないのか?ボクは・・。タマ姐さんに少しくらいいびられたって、仕方ないのかも・・・。

広告を非表示にする