読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

薬の働き・レメディの働き

具合が悪ければこじらせる前に早めに病院へ行き、
薬を処方してもらって早めに予防的にそれを摂って
治す。鉄則、でした。肺が丈夫でなく、風邪でも
こじらせると、冬中発作みたいな酷い咳で苦しむのが
分かっていたので。


しかし、咳止めを飲み続けていても治らず、しまいには
全く薬が作用しなくなる。毎年毎年効く咳止めを探して、
お医者さんには「これは効かないからこれを出してくれ」
とお願いする。そのうちお医者さんにいちいち診てもらうのが
面倒になり(費用も時間もかかります)、同じ成分の薬を
ドラッグストアで買ってきて、対処するようになりました。



風邪くらいでは医者に行かず、欲しい薬の在庫が切れたときに
薬欲しさに出かけていく。そんなお付き合いでした。


それでも私の通っていた昔ながらの医院のお医者さんは、
「風邪の治し方」が印刷された紙を毎回毎回くださいました。
うがい手洗いの励行・消化のよいものを少量よく噛んで・
早めに休む・身体を冷やさない。不調時には当たり前の
手当ての仕方を、繰り返し繰り返し教えてくださいました。
もちろん薬をいただいて注射もしてもらっていましたが、
基本を大事に手を抜かない姿勢を貫かれていたお医者さんを
今でも尊敬しています。


薬や注射で症状は治まります。これは確かです。


でも治ったのとはちょっと違う。え、違うの?


このことが理解できたら、ホームケア・セルフケアの手段が
もっと充実し、自分の身体のことももっと理解できるように
なると思うのです。


まず私達の身体の中には自然治癒力というものが備わっています。
悪い物を食べてしまったら嘔吐や下痢で体外へ排泄しようとする
ような力です。


『その自然治癒力くんが箒を持って、入ってきたウイルスなどを
家(身体)から外へ掃きだそうと頑張っています。

そこへ、業務用のスーパー掃除機(薬)くんがやってきて、抜群の
吸引力で残らず吸い取ってきれいにしてくれました。

自己治癒力くんも拍手喝さい。


しかし。


突然スーパー掃除機くんが止まってしまいました。
充電式だったので、エネルギー(作用時間)が切れた所で終わって
しまいました。ウイルスは掃除機の中。暴れて出て来たりはしない
けど、部屋の中に掃除機ごと残されました。
ゴミ化してしまった掃除機を回収に出したいけれど、掃除機自体が
重くて、自己治癒力くんには下げられません。
仕方なく毎日ウイルスの入った動かない掃除機くんと同居すること
になりました。自己治癒力くんの寝る場所が少し狭くなりました。


ある日また別のウイルスがやってきて、また新しい掃除機くんが
きてくれました。しかし今回のウイルスは数が多くて、吸っている
途中でまた充電切れで止まってしまいました。ウイルスたちは
どんどん家の奥へ入って行って大暴れ。するともう一回り大きな
掃除機くんが来てくれて掃除を始めてくれました。そしてまた、
途中で止まってしまいました。


自己治癒力くんは増えてしまった動かない掃除機をどけることが
出来ず、体をよじって眠りにつきます。疲れは溜まる一方です。』



こんなことが身体の中で起きているのです。
摂った薬で症状は消えますが、ウイルス自体が消えたのではなく、
閉じ込められた状態で、薬の化学物質ごと体内に蓄積されていく
のです。不自然な物質が増えた身体では、自己治癒力も思ったように
実力を揮できず、年々身体は弱っていく。年齢を重ねたから仕方ない、
そう思ってはいませんでしたか。


ではホメオパシーではどのようにして
この重く動かない掃除機を運び出すかというと・・・。



ホメオパシーのレメディで、自己治癒力くんにパワーアップして
もらい、もっと大きな掃除機くんに変身してもらいます。それで
掃除機を掃除機で吸いとって、見事家の外へ運び出し、ゴミ回収に
出すというわけです。


大仕事をやってのけた自己治癒力くんは、ご近所の評判も上がり、
“仕事の出来るやつ”としてますます元気に大活躍するように
なりましたとさ。』


めでたしめでたし。
ただし。


『大きな掃除機に変身し大仕事をするわけですから、当然熱は発生
するし(発熱)大きな音も伴う(咳)でしょう。水で洗わないと
いけない(鼻水・痰・耳だれ・下痢・じゅくじゅく湿疹)場所も
あるでしょう。』


物事の本質を見ることを恐れると、逃げるしかなくなり、症状を
抑えて今日を乗り切るようになります。乗り切れた経験から、
大丈夫だと過信が生まれ、薬に絶対の信頼を置き、頼るように
なっていくのではないでしょうか。私はそうでした。


分かりやすくするために、少しいい加減なお話になったかも
しれませんが、おおよそはこんな物語で語れるんじゃないかと思って
書いてみました。

お読みいただきありがとうございました。



ホメオパシーってなぁに?

ホメオパシーってなぁに?