読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

とらわれぬ子どもの魂のままで

成人の日に 谷川俊太郎


人間とは常に人間になりつつある存在だ/かつて教えられたその言葉が
しこりのように胸の奥に残っている
成人とは人に成ること もしそうなら
私たちはみな日々成人の日を生きている
完全な人間はどこにもいない
人間とは何かを知りつくしている者もいない
だからみな問いかけるのだ
人間とはいったい何かを
そしてみな答えているのだ その問いに
毎日のささやかな行動で
人は人を傷つける 人は人を慰める
人は人を怖れ 人は人を求める
子どもとおとなの区別がどこにあるのか
子どもは生まれでたそのときから小さなおとな
おとなは一生大きな子ども
どんな美しい記念の晴着も
どんな華やかなお祝いの花束も
それだけではきみをおとなにはしてくれない
他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ
自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ
でき上がったどんな権威にもしばられず
流れ動く多数の意見にまどわされず
とらわれぬ子どもの魂で
いまあるものを組み なおしつくりかえる
それこそがおとなの始まり
永遠に終らないおとなへの出発点
人間が人間になりつづけるための
苦しみと喜びの方法論だ

【出典:「魂のいちばんおいしいところ」(谷川俊太郎詩集 谷川俊太郎/著 サンリオ 1990.12p.92-94)】


当地区の小学4年生は「1/2成人式」と銘打って、両親への感謝を伝えたり夢や希望を描いたりするイベントがあります。それの良し悪しは置いといて。

まあそんな時期に、家族みんなでこの詩の持つ懐の深い成人論を読んでもらったらいいかも・・と、教室便りに載せました。終わりの10行を暗記でもしておくと、単語を10個覚えたよりもずっと生きやすい人生になるんじゃなぁい、というセリフはここだけに載せて。。。