miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

2012年03月22日〜25日

<植物性、に偏った食事をどうしようか>
マクロビや菜食を続けているけれど、偏執的な食欲を感じるようになってる。それを認めよう。分かっていたけど、それを一種異常なことであるということを認めよう。

菜食の枠を一度取っ払って(野菜好きだから大丈夫だ)みようかと思っている。バランスが取れていることの方が大事だと感じる。ただ正しいサイクルを取り入れられるクオリティの動物性たんぱく質を手に入れることが難しいのだ。

こちらのブログは素晴らしいなと思う。体感を大事にし、そこから裏づけを取り始め、裏づけの弱さやプロパガンダに気づかれて、また体感をもとに実験&研究を続けられている。私の実体験と重なる部分が多い、というかほぼ同じ。体質が似ているのだと思う。http://t.co/pv7JPhzv

だからそういう方の実験記録は参考になる。皆が同じ食生活でいい訳がない。それはまた段階的で流動的であるから、その時の自分を見つめていくしかないのだと思う。これがいい、のだはなくて今の私にはこれがベストとか合ってる、ってのが〇かと。



<週末の夜におもうこと>
近代日本、こんなに未来を、次世代のことを、地球のことを、子どもたちのことを考えたことはなかったんじゃないか。これらを考えずに、自分の都合を優先させて成長や獲得というものに精を出してきたんだ。それももう終わり。ひとりひとりがその心に平安を。足りていることに気づきを。

不安な部分にこそこだわりがある。あなたのこだわりは何?容姿・持ち物・車・お金・仕事・・・?それを持ってして主張したいことはなに?その奥にはどんな理由があるのだろう?でもそれ過ぎたこと、だったりしない?まだこだわる必要があるのかな?好きでやってることと怖くてやってることは全く違う。

昔の人が言ってることや、実践の中で明らかになってることをベースに置きたい。理論は時代に追いつかないのが真理ってもんじゃなかろうか。

さっきFREEWORLD会議でキリヤさん言ってたけど、潜在的に「出来る」から「やりたい」わけで。出来なかったらそんなにやりたくなかったのかな、と。好きなことを夢中になってやる、時間は関係なくて。そんな大人でありたい、死ぬまで。きっと最後は畑で草と話してる。

突き動かされるような「根拠のない自信」(kazuaki kiriya)って意志意欲であり、使命であり、神様のお告げであり、宇宙意識であり、生まれてきた理由そのものなんだと思う。それに出会ったら迷わず選びに行かなきゃ。ああ、結婚もしかり。

そうそう。誰かの都合が絡んでくるのは別だけど、何事も「その人にとっての正解」にしかなりえない。それが多数でも少数でもどちらも同じ程度に正しさはある。否定する理由にはならない。自由ってそういうもの。立場の違う人を受け入れて尊重しあうこと。





<若者よ>
最近雇った高校生以上大学生未満の女の子が、「青い髪にしたらまずいですか」ってメールくれた。当方、赤青金茶とすべて経験済み、うちは学校じゃないしカンケーないよって返信。いいね〜自分の可能性をどんどん見つけて広げていってもらいたい。自分のことは自分で引き受ける強い子におなり。

当方経験済み、でも今はこう思うからこの状態を保ってるって話をしたい。それは今度の週末の若者だけのランチ会にてトークショー開催。女の子は子どもを宿す神秘の器。それをむやみに汚す事になる退廃的な行為は、出来るだけ少ない方がいい。自分を大事にするってどういうことなんだろう、とか、化学物質の危険性と合わせて話してみたい。私のおしゃべりとして。





このアイオロジーセミナー、誰か出て!そして教えて〜!!http://t.co/RA5GuZEJ



齷齪(あくせく)とは、目先のことに囚われて気忙しくするさま。心の狭いさま。漢語・齷齪の本来の意味は、歯と歯の間が狭いことであるが、そこから心の狭いさまを意味するようになり気忙しくするさまを表するようになった。(語源由来辞典より)http://t.co/DPUEKsEX
歯と歯の間・・・顎の未発達のことか。流し込んじゃう食べ方(早い離乳食とか)で顎が育たない→狭い顎&歯並びの問題が出るってどこかで見たなあ。流し込んで食べてる(食べさせてる)=慌てているさまであることは想像できる。ふうん。



為末大の距離感>
僕の異物への対処は一旦口に入れてみて、もごもご咀嚼して、ペッと吐き出す感じです。受け入れるでも無く一旦覗いてみる位の距離感を掴むのが大事な気がします。
↓ ↓ ↓
これは人間関係にも他者の視点を得るという意味でも、適ってると思う。食わず嫌い・毛嫌いは減らしたいもの。




<キリヤさん>
私たちの中は空洞になってしまったのではないか? そこには私たちは存在せず。他人、世論、大衆というような実体のない詰め物が私たちを剥製にしてはいないか?
だから子供が反発するんだよ。間違ってるのは大人の方。反抗期と言うのは大人が自分達のウソを子供に見透かされないように洗脳する時に起こる。実は反抗してるのは大人の方。
「自由が人を傷付けて正直が反発を生むことがあるんじゃないかなと思うんです。だからそればっかりでもよくないことがあると考えてます。もう一度質問しますけど、みんなが自由で正直に生きたらどうなると考えてるんですか??」⇒一人一人の中に平和が訪れるのでは?



<アマ大佐の思い出>
@tokaiama: 子供時代、日の暮れる頃、家路につくと思い起こされるのが風呂を沸かす薪の香り、夕餉の支度の香り、裸電球の暖かい灯り、隣人の優しい声、郷愁という言葉が似合う暖かい、一番素晴らしかった日本がそこにあった 生きていることが本当に嬉しかった時代




<ホクロの場所って>
『ホクロの場所』っていうブログを7年前に始めてすぐ放置。ホメオパシー始めて震災があって見てただけのツイッターで呟くようになって再度開始したのが昨夏。思えば好転反応で胸元など掻きまくっていたのでした。
自分の思いをツイッタで発散し始めたら出てきた好転反応だったのだけれど、その後で思いがけない忘れ物があったのでした。
ちょうど心臓の上、私のハートの部分にホクロが出来たのです。私の気持ちを正直に吐露出来る場所は『ホクロの場所』で、私の正直な気持ちがあるのはこの胸のホクロの場所。
この何とも神秘的で感動的な出来事に気づいたのは、わが身のことはぼーっとしているから、つい最近なんだけど。偶然、はない世の中なのだと思えば、気持ちが引き締まる。
何となく決意表明とは違う気がするけれど、今日は新月だから・・・これからも、ホクロの下にあるものを大事にします。って話。






適度に、適度に。偏らず、頭ではなく身体が欲するものを。本当の元気は、疲れたら休むリズムがあること。毎日毎日微調整。私達は常に動いている波動の生き物。

広告を非表示にする