読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

2012年08月11日〜08月17日

お経が毎回グダグダなんですけども。今年は特に、姪っ子がおりんをいいリズムで鳴らすもんだから、みなニヤニヤして読経w



<by むのたけじ
希望の根は絶望の深さに沿うて張る。希望を希望するなら、絶望を絶望せよ。絶望が本当なら、希望も本当だ。


自分のやらなかったことを他人に求めるな。自分のやれなかったことを他人に求めるな。すると他人に失望しないだけでなく、自分にも失望しなくなる。


本番では一本の道を通るだけである。備えているときには、想定されるすべての道を通る。本番では足がくたびれるだけである。足が丈夫になるのは、備えているときである。


<変な一日>
あたふた感満載の一日だった。出かけてから歯を磨いたかどうか全く自信がなくなった。たぶん磨かずに出た。汗だくで学校に着いて、初めてのカフェでのお手伝い。ウキウキドキドキ。途中とらこ先生とお話したりドリンク試飲係をしたり、他の学年の人とお話ししたり。講演会も聴かせてもらって、会場の後片付けをしておやつ頂いて、友人のレメディを悩みつつ買って、住所を頼りに届けに行った。


丼物のご飯をメインに外食し、豪雨で遅れてる電車で帰り、車を運転中に知り合いの店が火事の真っ最中だった。そのまま通行止めとなり、野次馬となった。タクシーに乗ったのはいつぶりだったか。運転手がアンチャンだったよ(;゚Д゚)!普段しないことばかりをやったんだ。夜10時過ぎてる乗り換え駅で、階段を一段飛ばしで駆け上がる人たちを見たこととか、衝撃だった。ひと駅分だけ地上の地下鉄に乗ったとかも(笑)


人の転機(?トラブル・災難・病)に微妙にカスる。これには大きな意味があると思うんだけど。いつそれらが意味を持つようになってくるのかな。私の感じ方や見方は周りのそれとすごく違うことがあるんだと思う。それはもう人の数だけ。誤解しないためにも、周りの意見や気持ちをちゃんと聞こうと思った。ベースにある経験(や結果)が違えば、違うんだ。当たり前の話のようだけど、勘違いしていたなあ。




<生きているということ>
感情の排出。Force10が本当に役立つ私。鬱屈&携帯が鳴るのがちょっと怖くて(|| ゚Д゚)トラウマーまずいーというところで放り込む。道徳によって抑圧していた苦しい思いが浮上、リピートしたら落ち着いて眠気。そのままぐっすり。
起きてとりあえず携帯をマナーにした。私も自分を守る。出来る範囲でお手伝いしかない。この気分の切り替えができるのはありがたい。冷静さは、パニクってる元の恐怖感を取り払うことで取り戻せる。


自分が自分を許さない限り、怒り(悔しさも悲しみも)は消えない。自分を許すには、許すしかない現実をとことん見るしかないのだと思う。そこで周りは手を貸したくなるけれど、これは本人のやるべき大事な宿題。代わりにやってあげるのは、良くてその場しのぎだけ、より多くの宿題が課されるだけだ。勇気を持って自分の人生に挑んでいけるよう、祈るだけ。


あっけなくあの世へ引っ張られる人と、行きたくても行けなかった人がいて。そんなことを考えあぐねていたら、いつの間にか自分の中に根深く残ってた『死んでしまいたい欲』がなくなってることに気づいた。


いつ生まれていつ死ぬのかなんて、私たちの手では扱えないことだ。生きているなら、今日を生きて、できれば明日に思いを馳せることだけだ。私たちは毎日小さく死んで生まれ変わる。呼吸ごとにも生死がある。考えてみれば、この吐く息のあとにどうしてまた吸えるんだろう。なんて当たり前な偶然なんだろう。呼吸を許されている。私たちの意志や意図には関係のないゆるし。


受け取るしかないんだよ。その言葉の重みがやっと少しだけ分かる。先生から事あるごとに教わる心構え。生きることを引き受けるのは、他人の生も受け入れることだ。誰のことも許せなくなった時、自分の生を諦めることになる。生きる道がなくなるからだ。誰のことも認めないのは、自分自身も認めないのと一緒。自己否定は取り巻く世界の否定。誰かを受け入れることで広がる自分の可能性。



<抗不安・精神薬・眠剤

薬害対処の要請。書き留めた薬を調べてみると、あわわわ。。。。こんなの、どうして同時処方できるんだろうと、素人でも思う。
薬の注意書きには副作用の注意などがもちろん書いてあるけれど、医療外使用に「自殺目的」とか、アリエナイでしょう。http://t.co/1P987q4Y投薬の仕方というものを考える。本人の意思など関係なく、近親者と医師の合意があれば出来てしまう医療行為も。溜息。



<添加物の出処>
中国産添加物の値段は、だいたい日本産の60%くらいでしょう。世界の工場として躍進する中国、それは食品の世界、そして添加物の世界でも例外ではないのです。今や中国は世界をリードする、添加物の大量生産国。


そして、このことに気づいている日本人は、ほとんどいないのではないでしょうか。なぜならだれも添加物の産地国に興味を持たないからです。


「中国産」に敏感な人でも、添加物に生産国表記が義務付けられていない以上、中国産添加物の摂取を防ぐのは至難の業です。添加物については原産地、原産国、つまり製造国の表示をしなくてもよいのです。(『食品業界は今日も、やりたい放題』小薮浩二郎著 三五館)




<今週の新知識>

『根の治療と癌の関係(アメリカ歯科協会が何十年も前に知っていた事実)』 http://t.co/nqhmogcL これは大きな可能性・・


水銀の害。かなり身近にあります。アレルギーNo.1の水銀レメディについての記事。ぜひお読みください。。『マーキュリーというレメディがあってね…』 http://t.co/bDtTluc0


これで納得。 医療者がワクチン同時接種を勧めるわけ。 http://t.co/igoUfVX3 重要なので保管と拡散希望です。


【1日15分の瞑想中に妄念がうかぶたびに「大丈夫」「安心して」などのことばを想うことで遺伝子レベルで細胞が清浄化することが脳神経科学的にも判明している】 『モーガン・フリーマン宇宙を語る3』「潜在意識」


ハーブ占星術 エリザベス・ブルーク http://www.amazon.co.jp/dp/4490207964/ref=cm_sw_r_tw_dp_rySlqb1133HB3
『さまざまなハーブと惑星の対応、効能、さらにスペル(魔術)的使い方まで網羅したもの。ユニークな本です(by鏡リュウジさん)』

→ポイント貯まってたのでポチりました✌( ◔౪◔)✌








開けようとする猫のポーズww http://t.co/kRKm6cTf







モロヘイヤのかき揚げ、夏野菜蒸し、冷えてない冷奴、オクラのみそ汁、雑穀入り分搗き米。「食事」という形を久しぶりに調えた感じ。食後の温かいルイボスティーがホッとする。秋だ秋だ。