読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

2012年9月16日〜09月22日


そばが古いとは、イケマセンな。





こないだ助手さんと、老犬と老猫の世話にまつわる苦労について話していて、人のそれに発展して、結局病気で死ぬほうが幸せじゃないかってことに。受け入れて周りにお礼していきたいよねって。身近には大往生でも面白くない顔をして逝った人が多いもんだから。
  


<ホームグラウンド>
自分ひとりが元気でいても、助手さんがいなければ開けない教室・仕事。歯がゆく納得のいかない面でもあり。でも思い込みで出来ないとしている物事を見直す機会。仕事の仕方、順序、信頼などなど、まだまだ進化できる。最後には自分だけでも何とか形が取れるくらいにしたいものだ。意味ないけどね。
ひとりでやっても意味なくはないのだけど、今の教室を私が一人でやってもあまり意味がない。初めは互いの要望が合致して協力し合うことから始まるけれど、そこから生まれ育つものがあるから続けていけるんだもんね。ここはいいなあ、と思える職場でありたいものです。子供ともね。
それにしても、侍のマンガを読んでから仕事したので、「いかがでござるか」「悪かったのう」「忘れてはおらぬか」てな感じ。一人学芸会でござった。


<やりたいことだからこそ>
何でも有りの世の中で、自分に出来ることすべきことはあまりない。みんな何を選ぼうと信じようと自由だから。勝手にしたらいいもんね。でも、やりたいことはいっぱいある。それも自由だからだよ。てことは、やりたいことをやるために背中押されてこの世に生まれ落ちたと思いませんか。


やりたいことをやることが楽をすること・怠けることにつながるわけじゃない。楽しいこと・夢中になれる物事の中に苦労がないわけじゃない。もちろんそういう意味じゃない。夢中になれる物事に取り組んでいてこそ、味わう苦労もある。それこそが誰にも代わってもらえない、自分で負うしかない責任だ。それを持って生きてこそ、世界は輝きを見せるし自分も光になる。その明かりを目印に、集まる人があって、輪が出来ていく。その明かりは誰かの心に火を灯す。





<たまにはホメオパシー
相談会2ヶ月ぶり。新しいコンビネーションMTを2種類買ってきた。QXの前でも先生の前でも嘘はつけまへん。


ああそうだ、新刊の『内美を叶えるホリスティック・ホメオパシー』(ホメオパシー出版)が意外と(すまぬ)良かった。これを一冊じっくり読んで実践できるものから始めてもいいと思うなあ。セルフケアの実践本。



<これからのために>
自分が人に対してやってきたことは、良くも悪くも同じことを要求されるものだ。その関係性が相手にインプットされてしまうからだ。良くない関係性であるなら、気づいた方からごめんなさいで、互いのために断ち切ろう。自分が過去に利用した相手から今度は自分が利用されると気づいたなら、相手に利用させないようにすること。お詫びと感謝を持って負の連鎖を切ろう。相手のために自分のために。これから出会っていく人たちのために。





行という意味が、やっとひとつ分かったと思う。スピリチュアル過ぎてピンと来てなかった先生の言葉が、ここでやっと理解できた。スピリチュアルほど現実的なものはない。少なくともその言葉の中において。目に見えないけれども、どこまでも現実だ。





今日は乙女座新月と。仕事上の悲喜交々ばかりが話題に上った。規則正しい波が打ち寄せては返す。身を任せれば、行くべき場所へ運んでいかれるのだろう。自分の中の自然に委ねる。
人生には波がある。ごちゃごちゃしていた浜辺が引き潮ですっきり持っていかれ、また寄る波によって運ばれてくる(笑)面倒くさがりの私は、自ら浜辺を掃除するのが馬鹿馬鹿しく思えてます。





<オススメ記事>
『recovery』 http://t.co/yelntf87  私もあと5年くらい先が楽しみだなあと思っています。これからもまだまだ考え方も見方も変わると思います。それが本当に楽しみです。変わるのが怖い?いえいえ変わらないでいるのが私は怖い。


“ベビーヨガ”と“ホメオパシー的子育て座談会” http://t.co/v6PIm3MO ヨガインストの山本さんは名古屋校のスタッフの方。昨日もお会いしてお話ししましたが、「赤ちゃんは完全なんだよ〜」「本当は外に出れないでいるお母さん方を支援したい」と。背筋ピンの素敵な女性♥







最近あまりにも消化がツライので、PCに「噛む」と付箋。喰い終わってから眺めるばかり。




チダイズムの中に「くっそおおおぉぉぉ!!」ってないと残念。



出会いも同種ということで。