読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

2012年9月23日〜10月02日

人は元気になると苦手なものが減るな。こうでなくちゃ嫌、困る→しょうがない→じたばたするのは面倒だ、のんびりしよう、とな。




<冷え取り考察>
murmurmagazine別冊 『 冷えとり健康法body&soul』体験談がたくさん載っている。自律神経系が整い排毒が進む様子が勉強になる。人は恒常的に温かい生き物。冷えは自己免疫疾患のようなものか。


ともあれ、体の冷えは心の冷え、自分の冷えは家族の社会の冷えだと言ってみえる方があり。そういうことに気づけるのも、自意識が血流の安定でしっかりしてきて自己否定感が減り、何となくの不安みたいなものが解消されているからか。血液&血流ってほんと自分そのもの。


体温が一定に保たれることでエネルギーが効率よく回せて、心身ともに生まれ変わったかのような爽快感を得る。自分に対する信頼が高まり、周りに譲れるようになる。やりたいこと言いたいことが明確になる。流れているからこだわらないし、わだかまりも流せる。ホルモンとも大きく関係。


自己免疫疾患も、原因が探れるともっと楽になる。自分が悪いわけではないって考えられるようになる。ここはインナーチャイルドなど心の問題。自己否定と自己免疫疾患は関連。自己否定の元になった原因誘因を探ろう。非自己に迎合している自分に気づこう。自己主張していこう。


解熱剤、抗炎症剤など摂ると、訳あって(治癒目的)熱や炎症起こしている血流を止めてしまいます。熱は下がり炎症も止まりますが、血流障害が残り身体は冷えていきます。冷え症の人は薬剤摂取が原因のひとつにある。



<コングレス>

台風直撃で、新幹線ダイヤ乱れましたが、自力で帰ること出来ました〜お世話になりました皆さん&ご心配いただいた方&道中ご一緒してくださった先輩、ありがとうございました(^人^)あ、最悪の事態に備え、雨のなか猫の様子を見に行ってくれた兄貴、おみやげ買ってないわ、ごめん。


2時間ルール知りませんでした。新幹線特急券の払い戻し →http://t.co/ZsBpk2zf なんか乗っといて払い戻しって変だ。仕方ないじゃんね、自然災害時はさ。


2学年先輩の方と、一緒に帰りました。初めてお話しましたが、東京駅で足止め中とか新幹線内で発車待ちとか、危険ではないけど危機的状況を共に過ごした仲って、ものすごいご縁な気がする・・・勉強もさせてもらったし、いいことばかりだった。



それにしても今日は、南無南無・・な感じもあった。満月で台風、引きずられてアップアップな人も多かったんじゃないかな。私はそのアップアップの友人に引きずられて、聞きたい講演が半分になっちゃって泣きそうになった。
なんて健全なんだろう。自分の欲するところが通らず、深刻な場面でさえ腹が立つとは。今の私の仮面には「いい子」とは書いてなさそうだ。




ゲストスピーカーの先生方のお話は、どれも心打たれました。その好奇心と愛の発信力と利他の精神。各分野で最先端の研究を行っており、理解はされにくい(邪魔されるほうか)けれど、誇りを持って人類地球のために技術を磨いておられます。どなたの本も読んでみようと思います。全部繋がっています。


図書館に置いてあるものもあります。飯島先生・宮嶋先生・川田先生など。http://t.co/otaZFi5Sマイクロ・ナノバブルの高橋先生のHPはこちらhttp://t.co/NOrHeuol これすごいです。『wonder of water』http://t.co/E5dFvqTh こちらは高橋先生&川田先生のお話。


病気の名前も、今や広告会社が考える時代です。薬があり、それに合う病を発生させ、上手なネーミングで不安を煽り、薬や予防接種に走らせる。http://t.co/Nk1rQV14
今後会社の健康診断で、精神状態をはかる問診(悪いが、ひどいものであったな)が義務付けられますが、ちょっとテンション低めなだけで心療内科受診を勧められるのではと思われる。やっている仕事に明るく前向きに希望を見いだせる人ばかりでもないし、そういう種類の仕事でもない人は多い。



今回ハッとしたのは、実はロジーナ先生のユーモアセラピーとホメオパシーでの一節。「自分自身を笑うことができるか」ハッとどころではないな、グッサリ。ものすごく示唆に富んでいる。素晴らしい視点。ロジーナ先生「ユーモアセラピーとホメオパシーhttp://t.co/2URlNWom  こちらも→http://t.co/IhEeVBy6 



<戯言>

ビタミンを調べていて。自分の身体の苦手な機能を司るビタミンたちが腸内細菌で合成されるものがほとんどであった。腸は生命体の根幹を担う臓器。ここだよなあ。


自分を傷つけることができるのは自分だけ。腹の立つことを言ったりする憎々しいあの人も、自分にだけひと言余計にオマケしてくるこの人も、究極には己の何らかの恐怖心からしていること。自分という人間は、他者からの評価で生きているのではない。自分が己自身を生きているかどうか。求めよさらば与えられん。求めるのは謙虚にね。満たしてもらうって意味じゃない。探し当てるとか見つけるもの。すでに手にしているものの価値を再認識?いや初めて認識するんだな。真剣に求め、要らないものを排除していくと、受け入れられるものがある。


時間に何となく運ばれていく心もとなさをずっと感じて生きていた頃をふと思い出して、レメディーを考える。今でも進んで摂りたくなるレメディがNo.1と思う。


同じようなセリフを時期は違えど複数人から言われるのは、きっと本当のことだ。それが自分の内からの欲求と重なれば実行したいものだけど。本当と分かっていても掴まえたいとは思えない。目的地までの道も自分の歩きたい道を選択したい。歩いていることを満喫していたい。目的地へはいつか着けたらいい。




<目からウロコ>
超おすすめ本です!面白すぎます。→ぜんぶ実験で確かめた 宇宙にたった1つの神様の仕組み(超☆わくわく) 飯島 秀行(テネモス国際環境研究会) http://t.co/wcObSdHo

「花咲かじいさんの、技をマネてもしょうがない。その心・意識をまねるのだ。」みたいなこと(しっかり調べられてなくてごみん)が本に書いてあって、全くだよなあ、ねえ聴いてる?って何人かに言いたくなった(笑)

結果が欲しくてやろうとするのは欲張りじいさん。心(真我)からの動機でやろうとするのは花咲かじいさん。花咲かじいさんの仮面をかぶった欲張りじいさんが多い世の中だと思う。
花咲かじいさんの仮面をかぶった欲張りじいさんが、いつかその仮面に気づいて外すと花咲かじいさんだったりする。やりにくい世の中w


欲張りじいさんはPsor.なのだから仕方ないな。分離感は誰しも持つものだ。



<自己犠牲がもてはやされる地域性>

当地区は、日本でもトップクラスというかトップなのです。何がか。う〜ん、良く言えば情の厚さ。その奥には、今を変えたくない執着・頑固さ・こだわり。過去の栄光を手放せない・排他的・善悪二元論か。仕事でとある登録をしている人が最多の地区なのです。


一見良い事をしているようで、相手や環境を縛り続ける。指示が正しいと信じて疑えない。忠実な犬に徹していれば裏切られることはないと。学校の派閥なども厳しい愛知。この気質も大いに関係あり。インナーチャイルドの塊。


会社側は「助け合い精神・優しさ・愛」などと耳障り良い言葉で私たちを褒めちぎり、誇りに感じた先生方も多かっただろうが、変化を嫌い、革新的なアイデアが通らないようでは廃れるばかりではないか。しかもその登録は、ある意味自身の保身なのである。私は自分で責任取りたいから登録しなかったんだ。



<おすすめ記事>
せき止め、風邪薬きっかけに薬物依存も(読売新聞(ヨミドクター)) - Y!ニュース http://t.co/z0P6qmo6 こんなのザラにありそう。


『たるんだ無関心』http://t.co/E5dFvqTh オーガノンはこんなことも示唆してくれるのか(笑)RAでも当時の医師たちや医療に向けての罵詈雑言呪いの類がまことしやかに羅列してあって驚くけれど、基本この人(ハーネマン)は厳しく自分の療法をとことん突き詰めたのだからね。



『新しい視点』 http://t.co/zHEJKnit 私も20年近く教室で子供達見てますが、こちらの使うエネルギーの質が変わってます。また子供だけでなく、親世代にすでにこの兆候がある故だと感じています。





むのたけじ名言集>

われわれ大衆は、観念によってはめざめない。事実によってめざめる。事実の検証を通して理念を作っていく。


若すぎると一回の経験でなんでも満たそうとする。老いすぎると一回の経験をなににでもあてはめようとする。




<気まぐれ>

日光浴、興奮ぎみ。 http://t.co/2P8peyAn

外はもう飽きた http://t.co/G7hXePC6






今日は目の前の田んぼが稲刈り。ベランダの鉢植えがどれも急に元気になってきたと思ったら、枸杞の花も咲きだした。カイガラムシを克服して、ググッと枝が伸びた。自由な枝ぶりを見ていると、今を受け入れることが自由を手にすることかと思う。



生野菜、漬物など消化が苦手ですが、豊受自然農のピーマンは生でも全く問題ない。揚げ物の付け合せに生ピーマンを囓る日が来ようとは。



半身浴しながらのギター、出来んかね。



あさって久しぶりに盛大な片付けをしようと思っている。自分の価値観に変化→それが確定しないとやる意味(甲斐かな)なくて。久しぶりになってしまった。今では、雑な状態でも平気になってしまったし、気に入らないものは持ってないからある意味満足ではあるけれど。それも少し見直ししよかなって。もっとシンプルに、とはいえ、再び雑多になってくのが楽しかったりもするね。Sulph.でCalc.でPsor.なのである。最近は特にCalc.の性質が浮上している。仕事面は仕方ないかなって思ってたNux-v.が影を潜める。そういえば先月あたりNux-v.摂ってたんだ。もっと早く気づいて先週の相談会にて先生にご報告申し上げたかったでござる。