読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

2012年12月2日〜12月10日


困難を乗り越える力を秘めた手指にしか、半月がありません。http://t.co/UpwqrIVU



<ホクロの場所>
前々回の満月デトックスで、右手の甲にあるホクロから出血した。何か急に痒くてぽっこり腫れてきたと思ったら、の出来事。出血の仕方は排毒様だった。今日、父に会いにいくと私のそのホクロと同じ場所に血豆が出来ていた。聞くと何かで挟んだようだと。こんな所、うまいこと挟んだもんだ・・・親子で何のメッセージかね。調べてみると、三蕉経で腎経へと続くのであった。喉の症状のためステロイド吸入してた父。腎が弱ってるんだなあ。冷えてきたし、ちょうど一年前に膀胱結石で困ったことになったんだ。「ちょうど一年前だ」と父は覚えていたよ。よっぽど怖かったらしい。その恐怖が蘇ってきて、挟んで怪我して治療を身体は勝手にしているのか。ちょっと鳥肌。 まあ、電話して伝えたら一笑に付されたが。相手は車のドアだよ?とか。この時間は携帯有料だから、と言われる始末であったが。よいよい。いつか分かる。というか、それを聞いた父のどこかの細胞が、きっと免疫を上げてくれるに違いないから。親孝行。あなたのことを考えているよ、ひとりじゃないよって伝えることが、エネルギーをあげるんだ。お互いのね。



<よくなろうだなんて>
直感に従って先週行った相談会。ベストタイミングだったなあ、と振り返る。メインのみ本物を買って、他にも自作して摂り始めたが、なかなかの威力。ひとつ気づいた懐かしい感覚がある。それは、離婚成立直前に実家に帰ってきてて、自分の部屋の中で何とも言えない安堵感を思い出した時のこと。もっといい自分になろう、もっと尽くそう、もっと可愛がってもらえる嫁になろうと努力し落ち着かず不安定な状態がかなりの緊張を生んでいたことに気づいてしまった瞬間。こんな気分・ムード・モードで嫁いだ家に居た事なんて一度もなかったなあと。いや実家にはしょっちゅう帰ってきてたけど、向こうの人間というロボットになってたんだろうね。別れることを決意して帰った実家で初めて感じたから。それに出たかった実家なわけで。で思ったのは、その時は今とはまた違う環境・ストレスにあったわけだけれども、もっと良くなろうという気持ちは同じだなあと。結局今の自分をどこか否定しているんだよね。それも常に。誰かの立派な話を聞いて、ああ自分は何て怠けてるんだって省みるならまだいい。常に反省しているから、焦りにしかならない。


私には私の時間の流れがあって、それをいいとか悪いとか言う前に、楽しんでいいんだよ。変わるっていうのは、人によって意味合いは違うけど、本来の自分の姿が分かってても正直に生きてこれなかった人が本来の姿に戻ることを言うのかな。きれい事じゃなくて、泥の中に居ながらも花を咲かせること。蓮の花だね。


よくならなくていい。今の自分のままでいい。それを認めることが、変わるということ。そう、よくならなくていいんだよね。赤ちゃんのときって、まあ既にいろんなトラウマはあるけどもそれは置いといて、自分に無いものや足りないものを憂えて不安になったりしないじゃん。なくて当たり前だから。それって人生のいつだって無くて当たり前なんじゃないか。こういう風になりたい、一人前になりたい、これを成したい、でもまだ足りない、出来ていない。そこに向かって努力することと、今を否定する・責めることは別だ。無いことに囚われるなってことかな。不安を手放せって意味は。赤ちゃんで生まれて、赤ちゃんで死んでいくことが出来たらいいなあ。



<当たり前だからないがしろになりやすい>
冷え取り靴下は本ちゃんのを揃えてはいないけれど、出来るだけ基本に近いことをその日のベストでしている。まだ、しもやけ出来てないなあ。腹巻と重ね靴下のおかげじゃないかな。あとは自分が「イマここ」にいるようにすること。しっかり息を吐いてから吸う、血が回る。楽しいことをするのが一番健康的。当たり前のことしか呟けない。



<Be unbreakable>
私がのほほんと、若いだけの痛みに耐えていた時、すでに人生の苦さに向かって歌ってくれていた人たちがあって。彼らがその苦さゆえに一旦音楽をあきらめ、模索して、結局カラダ一つで戻ってきてくれてる姿を見ると、もうこれ以上の教訓はないなと感じ入るこの頃。

俺っていうモデルはオリジナルで無二。それに出会うために周りがある。孤独と迷いの中こそが出会いの場。苦しいのは向き合っているし受け入れてるから。結局脱ぎ捨てるのだけど、何を脱ぎ捨てたかはそんなに関係なくて、脱ぎ捨てるに至った過程と勇気が、俺モデル。





昨日私の弱音をすべて受け止めてくれた祖父母。声帯摘出してしゃべれないおじいちゃんが広告の裏に書いてくれたよ。 http://t.co/0X0qQd9N


「ワクチン神話」の幻想から目覚めよ!:百害あって一利なし!企業のための商品に過ぎないヨ。http://t.co/18P4I5WU井口博士ブログです。ワクチンってどんなものなの?


むすこのひとこと http://t.co/IzSYHbap


入った喫茶店にan・anもクロワッサンもファッション誌も無くて、勉強になるかと思って女性誌を仕方なく。いやぁ、私にビームが出せないのが至極残念。浄化ビームで真っ白にしてやりたいわ。お前の頭の中をレーザー治療してくれるわっと、整形美容外科部長のやらしい笑顔に目でビームを送る。






追いつかれないように走り続けてるうちに、「もうどうか私をつかまえてください」っていう心境になるもんだぜ。


やさしさは根性です、か。さすがビートたけし