miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

タヌキのケェキ

今日はご主人の勤める塾にやって来る、ある生徒の誕生日。
この春から小学三年生の男の子だそうです。四月生まれの同級生に比べると、やはりチビスケ君で、かわいいところのある「平均的クソ生意気な悪ガキお坊ちゃま」で、毎度ご主人の手を焼かせてばかりいるそうです。←くふっ、困ったご主人見てみたい。
でご主人は、お坊ちゃまがあまりに前から「ね〜ね〜、オラの誕生日教えてあげらァかあ?」と聞いてもいないのに繰り返すものだから、すっかり覚えてしまっていたのです。万博開幕日だったしね、よく印象に残ったんでしょう。
さっそく教室に入るなり、お誕生日ネタを連発したそうです。お誕生日のうたを歌い、何時に生まれたのかを聞き、ケーキに何本ロウソク立てるのかを聞き・・。すると意外にも、「オラ、ロウソクなんかいらんもん。だって立てれんしっ。」というお返事。そこで辛口ご主人「どうせ普段からバアチャンのゆうこと聞かんで怒られとるもんで、ロウソク買ってもらえんかったんでしょ!あんた不器用だもんでロウソクうまく立てれんのじゃないの?」と・・・。あー、大人気ない・・。するとお坊ちゃま、こうおっしゃったそうです。「チゲえし!オラは○△園のタヌキのケーキ買ってもらうもんで、ロウソクなんかいらんだもん。しかもオラ、タヌキ二個だァしっ!」「ええええーーー!!!タヌキのケェキ!?それも二個?それまじすごいっ、食べたーーーいっ!!」・・・ご主人あっけなく完敗。
知ってる方も多いと思いますが、あの地元では有名な、和菓子屋さんのタヌキのケーキ。チョコレートケーキのてっぺんに、かわいらしいタヌキの顔がのってるやつ。その顔が、砂糖菓子なんかではなく(クリスマスケーキのサンタさんみたいなのではなく)、ちゃんと生クリームを絞ったものにチョコレートのコーティングをしてあるところが感動を誘うあの名品・・。そういえばご主人のアニ様がオヨメ様をもらう前日に、家族四人で食べたのがそのタヌキのケェキだったっけ。ううむ、確かに和菓子屋さんのケーキらしい味がして、『ケェキ』と呼ぶのがふさわしい、まさに逸品ですね。きっと近いうちにボクもご相伴に預かれることだろう。ご主人、大人気ない大人買いが好きだから・・。

広告を非表示にする