読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

2011年12月6〜11日


最近尽くしてばかりの役回りが多くて、ちぇーって。栄養補給しに行きたくても只今車検中で代車。。足で踏むサイドブレーキとかハンドル横のギアーとか怖くて遠くまで行けず。うう。


この3日間で破壊したもの。ケーキ屋の植木鉢。自分のガラス容器2個と陶器のティーポットの取っ手。調子が狂いまくりです。。。ケーキ屋へお詫びを持ってケーキ買いにいったらすごく感謝されて、帰る時に「ようこそいらっしゃいました!ありがとうございました!」だって。


トースト頼んで、「厚切りにしますか?薄切りにしますか?」って聞かれたら。厚切り好きでなくとも欲が出て「厚くネ」ってなりはしないのか。私なぞ「(厚くしてくれて)ありがとう」まで言ってしまった。
名古屋駅の地下に美味しいポテトサラダのモーニングを出してくれる喫茶店がある。薄いコーヒーを淹れたてで出してくれるのも助かっているのだけど、ほんのポッチリ付くサラダが旨し。これが惜しげもなく挟まったサンドイッチランチもあるけど、やっぱりパンと分けて食べた方がいいのね。なんだろね。
そこのマスターの風貌がマスター過ぎるのも非日常的で気に入ってる。で、出来るなら朝にマスター見たいんだよね。昼のマスターはなぜだか興ざめ。ええっ、マスター、ランチなんてやるの!?って。私マスターにはコーヒーだけ淹れてて欲しいの。
生き物図鑑みたいに、人間の職業図鑑があったなら、「マスター」って欄には彼の肖像画を載せ、「コーヒーのプロ」とだけ書き添えたい。説得力あると思うんだ。
マスターはね、おしゃべりじゃないんだけど(もちろん)、いい声なの。「お待たせいたしました」って言うの素敵なんだよ。ああ、彼が似合う時代はとっくに過ぎた。垢抜けない昭和の喫茶店で、今の彼を見てみたかった。映画のようだろうな。



午前中いっぱいグダグダ悩んで今日は心の解放日と決めた。本屋へ行って豆料理のレシピを見たり、買い出し行ってお米の麺を買い溜めたり。気に入りの喫茶店へ行って、斜め前の老友同士が互いのコーヒー代を持つ正当な理由を主張するのを聞いたり(最後はこないだみかんをもらったから、だった)。
最後にいつもの山へ行こうかと思ってたのが、不意に海へと気持ちが移る。波の音を聞きながら、しぶきがギリギリかからない辺りを歌いながら散歩。家族連れが海鳥達にえさを投げたら、上からトンビが急降下してさらっていった。本当にかっこよかった。
ちょうど夕焼けへと変わる時だったので階段へ腰掛けて眺める。途中からメガネが要らないと感じて外す。見えない眼だけど、この景色はメガネない方がいい絵だった。ざわざわしっぱなしの心が凪いで、風呂上りのような感じになったところで帰路につく。布団干しっぱなしだったのに気づいた。


基調の3度4度を抜き出していて・・Valer.のつもりがVerat.を書いてたornやりそうだなーと一度でも思ってしまったのがマズかったか。意志の現実化には定評ある私。希望しない物事においてもしかり。つ、使えない。。。



故・佐野洋子さんの新刊『死ぬ気まんまん』読了。命と金は惜しむな、と最愛の父から何度も聞かされて育った佐野さんは、がんとどう向き合ったのか。小気味良いいつもの調子でさくさく、ぎょっとすることが書いてある。ホスピスでの患者生活や脳神経科医の命の捉え方など衝撃とともに勉強になった。。。
お医者さんとの繋がりを求めて、居場所を求めて、抗がん剤治療選ぶ人だって少なくない。孤独死自死がめずらしくない哀しい時代である。現場の医療関係者の苦悩に満ちた日々も現実だ。延命治療をしなかった佐野さんだからこそ見えた世界だったと思う。改めてご冥福をお祈りします。



ココナツパウダーが大好き。ライ麦パンなどにピーナツバター・カレンツ・ココナツパウダーを載せて食べるのにもうしばらく嵌っている。米粉ホットケーキミックスにもカレンツとココナツを混ぜて焼くと美味すぎる。ご注意あれ。

広告を非表示にする