読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

2012年05月21日〜05月23日


<私の金環日食☪>
土地の浄化を飲んで寝ます。明日はMoldv. を摂って瞑想。恐怖にとらわれず、受け取るものを受け取っていける私でいられますように。そんな世界になりますように。無意識の勇気が目覚めますように。見つめる。祈る。感謝で満ちた「夜明け」を迎えよう。


今日の金環日食のレメディが今まさに作られています。そういう神聖な時間です。


金環の瞬間はわかりました。心の暗さが際立って、レメディを取りに行ったの。Puls.Lyc.Nux-v.Ars.Acon.を。


分かったこと。私は私の中でしか居られない。そしてすべては私が望んだ世界。ここに居るんだ。そしてこの足で望む方へ行ったらいいんだ。


ありがとうしかなくて、しばらく感謝を。すっきりして気持ちよく朝食の準備してたら太陽がお目見えした〜!


てなわけで、玄米粥にごま塩かけて、玉ねぎ&スナップエンドウ&わかめのおみそ汁で朝ごはん。



体調戻ってきた〜昨日は日食&産卵で顔真っ白け・・・深い眠りで復活ですヽ(*´∀`)ノ



<作文・表現について思うこと>
作文は、どんどん書かせること。コミュニケーション能力を養うのが大事なのであって、修辞法を養うのは最終段階でいい。そしてそんなのは本を読んでればわかるようになるもの。

作文や感想文って、つい「こうしたらいいんじゃない」ってアドバイスしたくなるもの。「誰が」とか「何を」って入れないと伝わらないとか、またはどんな気持ちだったのかきちんと書こうとか。ついね、読み手目線で、ね。

でもねぇ、読み手を意識し始めた時点で、心の中って書けなくなる。ましてや子供にそれをさせてどうする。彼らに必要なのは、純粋な心の中の波や色のバイブレーションを言葉で表現するってこと。色鉛筆で絵の具でやってることを、暗号のようなツールでやってみること。


たくさん書くこと。表現しまくること。快感を感じること。それが根底にあるからこそ、次のステージで他者を意識して、伝えようという次元に至るのだ。周りは「また書いてね」って子供の書いたものを読めて共有できる喜びを伝え続けること。それがステージアップを促していく。


一足飛びに能力をつけられるもんじゃない。何でもお金で買える世の仕組みが、教育に対するおかしな期待になってしまってる。不良品交換まで要求される。いや不良品ならもちろん交換返金するけど、仕様があっていないものを買ってはいませんかってことだな。


いやいや、教室だよりを書こうと思ってのツイートなのだが、最後になるとこんな本音が出てしまうわ。♪話せたとしても伝えられるのは、いつでも本音の少し手前〜♪(「ベル」bump of chicken




<捨てるのは境界線・受け入れるのは自分自身>
不要なものを排除する。まあ本当に捨てるものもあると思うけど、要る要らないの境界線をとっぱらうことなんじゃないかな。そういう判定をしなくなるから、結果的に苦手なものや人がいなくなるっていう。苦手な相手が体現しているものは何か。苦手なのは自分自身の嫌な部分だったりする。

そんな自分をゆるすと、相手のこともゆるせるようになる。この人は私と同じ部分を持ってるんだと理解が進む。これまで見ようとしなかったことに目がいき、相手の良いところもわかるし未熟な部分もわかるようになる。

理解すると、この人は自分とは違う人間なんだということがはっきりして、本当の線引きができる。そういうのを尊重って言うんじゃないかな。



<Organic Base 奥津典子さん〜玄米について〜>

〜負担になる玄米食と健康になる玄米食の違い1〜
理由は色々。二大要因、1)浸水させない→フィチン酸過剰→ミネラル不足→骨折、虫歯、貧血他 ⇒浸水させれば解決 2)品種。常食向きはうるち米。アミロペクチン80%。現代主流のコシヒカリ84%ミルキークイーン90%≒玄米餅に近い 続


〜負担になる玄米食と健康になる玄米食の違い2〜
海外ではもち米に分類されるような玄米餅のような玄米ご飯の食べ過ぎ→消化不良、もたれる、体熱がこもる、肝機能に負担→特に女性は更年期障害のような不調、イライラ、生理不順他。顔色も悪く⇒ササニシキのようなうるち米を選べば解決。続



〜玄米続〜
玄米は、ちゃんと炊けば本当に美味しいし、効能は沢山あって、でも今日はサボって省略します。三食玄米は多すぎかもです。特に子供。でもすごく良いから是非、正しく美味しく楽しく召し上がれ。あと、放射能汚染されてる場合は、白米の五倍の残留度と言われてるのは付け加えておきます。


〜玄米おまけ〜
100%放射能にも大丈夫という気は全然ありませんが、でもやっぱり、正しい玄米食で元気になるのは事実、実績があります。免疫力は上がるし、これからの時代欠かせないと思います。でも間違った炊き方が、マクロビオティックの古典の一部に正しいとされて載ってるので注意。事故多発。



アーユルヴェーダ蓮村 誠先生>
今日の午後にtweetで示した太陽系の星々と大脳の神経核の文献の写真を重ねると、このようになります。これらの神経核大脳基底核及び脳幹と呼ばれており、あらゆる感覚系入力と運動系出力を統合、制御している部位です。 #mayurveda http://pic.twitter.com/GGhMCULC



<為末語録>

自分につく嘘はどうしても静かにはつけない。自分はそうではないと言い聞かせ周囲に示す為に、大きな声で、周りにも、そして自分にも聞こえるように強く言う。でも嘘をつけばつくほど自分の心は抵抗する。本当はそうじゃない自分自身を、自分で否定して傷つけている。
関係のないようで、こうやって日常についた嘘が、いざ本当の大舞台で勝負をする時に、自分の動きを縛る。そして、自分を許さない嘘は自分のモチベーションを削っていく。強がりは勝負弱く、そして潔癖性は長く戦えない。日常の努力自体にも幸せがないととても戦いには耐えきれない。



<必見>
ふみ ふみ ふみ ふみ http://t.co/T3LUZm8y

身体への感謝がもたらす、身体の回復→ http://t.co/uVcslGAp