miaowmiaow's blog

猫とか漫画とか日記とか。雑記帳ブログ。

誰かの声

一部40円のちいさなちいさな瓦版。

その裏表紙に誰かが投稿した詩が載っていた。

私はそれを切り抜いて取っておいたので、何という冊子で

何という方が創られた詩なのか、なんにも分からない。

 

それはずいぶんと世話になり、可愛がってくれたお隣のおばさんが

死ぬ前にくれたものだったが。たぶん母に。

 

私がただ、もうお日様に当たる体力も気力もなく、

一日中雨戸も締め切って、死んだように息をしていただけの頃。

 

『この私の人生を 他のだれとも 代わりたいとは思わない』

 

そう書いてあった。

それは、私の目が見て、頭の中で意味を理解したものなのに、

私はこの『』を読んで聞かせてもらったように、

誰かの声で、確かに聞いたような気がしてならない。

 

 

この裏表紙を見ずに捨てていても生きていただろう。

でもこの声は間違いなく私をここに繋いでいる。

この私で生きている、それが証拠。

この作者にお礼を伝えることはできないが、

きっとそんなものなんだろう。恩を売る仕事だけはしてはいけない。

 

いつか自分のしていることが、何かの役に立って、時が経ち、

どこか自分の知らない場所で、「誰かの声」のように

知らない人を勇気づけるのかもしれない。

 

もうそれに勇気づけられる。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする